「食べても食べても太らない人」と「食べたら太る人」の違いについて

あなたの身の回りにいわゆる「痩せの大食い」と呼ばれる、食べても食べても太らない人はいませんか。
一方、食べたら食べた分だけ太ってしまうので、食べる量に気を使っている方も多いかと思います。

好きなものを好きなだけ食べながら体型を維持できるなんて羨ましい限りですよね。
ではこの両者にはどのような違いがあるのでしょうか。生まれつきの体質なのでしょうか。
そんなことはありません。
食べても太らない体質は作れるのです。

そこで今回は「食べても太らない体質を作る方法」について紹介していきます。

【太りにくい体の鍵は「基礎代謝」にあった】
基礎代謝とは「ただ生きていくのに必要なカロリー」のことです。
基礎代謝が高い人は、何もせずにただ横になっているだけでも大きなカロリーを消費します。
逆に基礎代謝が低い人はそれほど多くのカロリーを必要としません。

つまり、基礎代謝を上げれば、黙っていても消費するカロリーは増え、太りにくい体質になるということです。

【基礎代謝を上げるにはどうしたらいい?】
基礎代謝を上げるたった一つの方法、それは筋肉量を増やすことです。
筋肉が多ければ、たくさん食べても太らない具体的な例としては、プロのアスリートの食生活です。
アスリートの食事は、一般人では考えられないほどの量です。これは毎日トレーニングでカロリーを消費するから、という理由だけではなく、筋肉量が多いため、食事量が少ないと筋肉が退化してしまうからです。

もちろん一般人があれだけの量を食べて太らなくなるまで鍛えるのは到底難しい話ですが、外食や間食を少々食べ過ぎても体型に影響しないくらいまでに鍛えることは十分可能です。
では、どのように鍛えていけば良いのでしょうか。

【運動初心者向け!自宅でできる簡単トレーニング】
筋肉をしっかりとつけるためには、長期にわたって継続したトレーニングが必要です。
しかし、頭では続けないととわかっていても挫折してしまう方の原因のほとんどが「いきなりハードなトレーニングをしてしまう」ということが挙げられます。
序盤はついつい張り切ってキツいトレーニングをしがちですが、継続するためにもまずはちょっと物足りないかな、というくらいから始めて、毎日少しずつ運動量を増やしていきましょう。
スクワットや腹筋運動は大きな筋肉を鍛えることができるので効率良く筋肉量を増やすことができます。
まずはこういった簡単な運動を日常生活の中に取り入れていく習慣をつけましょう。

【まとめ】
少ない負荷から始める筋トレはすぐに結果が出るものではありません。
しかし、根気よく続けていくことで確実に体質は変わっていきます。
怪我や過度の筋肉痛にならないようにご自身の体をしっかりと観察しながら無理のない範囲で続けていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です